阪急梅田から20分 牧落駅・東口すぐ
駐車場12台完備

箕面市の寺嶋歯科医院 Tel.072-721-2562

受付時間 09:30~13:30 / 15:00~18:45
休診日日曜、祝日

News information お知らせ

お知らせ お知らせ

2023/01/061本土台の2本ジルコニアブリッジ

大阪府箕面市の寺嶋歯科医院の理事長の寺嶋です。

本日は通常のブリッジとは違う「1本土台の2本ブリッジ」の審美歯科の症例を紹介致します。

まずは治療終了時の写真をどうぞ。

スライド8.JPG

どこに,どんなデザインのブリッジを入れているか分かりますでしょうか?

では解説していきます。

スライド1.JPG

初診時の状態です。矢印の部分に膿の出口があり、歯根が破折していました。他院で抜歯してブリッジかインプラントを提案され、当院の接着性ブリッジを希望されて来院されました。

スライド2.JPG

なんでもかんでも、インプラントや接着性ブリッジをお勧めしているわけではございません。最も適した治療法をご提案致します。

通常であれば、左上1番(一番前の歯)も削って、3本のブリッジを入れるところですが、ご本人の歯を削りたくないという気持ちを尊重して、このケースでは、左上3番(犬歯)がすでに神経が無くて、被せ物(クラウン)が入っているため、この犬歯のみを土台とする2本ブリッジを計画しました。

まずは折れている2番目の歯を抜きます。

スライド3.JPG

膿んで骨が溶けてしまっているため、抜くだけだと歯肉が陥没してしまいます。

スライド4.JPG

そこで、骨補填材を移植しました。

そして3番の土台が短いため、歯冠長延長術を行いました。(クラウンレングスニングとも呼びます)

スライド5.JPG

所要時間は抜歯&骨補填材移植&歯冠長延長術でトータル30分です。術後の痛みや腫れもほとんど出ません。

長持ちするブリッジ・外れにくいブリッジを装着するには土台の長さが必要です。ちょっとしたオペで歯の予後が全然違うのです。

スライド6.JPG

2.5か月で最終のブリッジを装着します。美しい歯肉と土台です。

IMG_1622.jpeg

ここからはデジタルで製作していきます。

IMG_1623.jpeg

オベイドポンティックの形態は歯科医師と歯科技工士は相談しながら作ります。

スライド7.JPG

1本の土台で2本のジルコニアブリッジを支えます。

全ての方にこれが適応できるわけではありませんが、嚙み合わせによっては、このようなパターンもあるということです。

スライド8.JPG

ブリッジの製作は当院の院内技工士の大谷が担当しました。

オベイドポンティックの形態は、私と院内技工士でしっかりと打ち合わせできるが、院内技工の最も優位な点です。

スライド9.JPG

ビフォーアフターです。

前歯を削らずにブリッジを入れれたことで非常に満足して頂けました。

もっと審美を突き詰めるのであれば、左上1番の歯の長さを長くして、ラミネートべニア貼ったでしょう(患者様が希望されなかったので行っておりません)

以上、1本土台の2本ブリッジの紹介でした。

費用は132,000円×2本分で、3本よりも1本分安く済みます。

歯を削らず、しかも金額も安い。

なんでもかんでも両隣の歯を沢山削って3本ブリッジを入れるのはやめにしましょう!

© Terashima Dental Clinic